画家・岡田謙三の世界

 Kenzo OKADA
 岡田謙三とよき仲間たち 篠田桃紅 TOKOSHINOD

                                                                       篠田桃紅(美術家)          

幸せなホンネのつきあい

 

「昭和三十一年秋、ボストン美術館で個展をひらくため、単身、渡米した。ここでまた新しい知遇に恵まれた。画家、岡田謙三夫妻である。まず岡田から満洲子が得たのは、

『物欲しげに、賣込みをしてはいけない。ここでは黙って力いっぱいの作品を外國人に見せなさい』

 そういう教訓であった。ニューヨークに住みはじめて二、三年の孤獨で貧しかった体験から、そう教えたのである。

 羽田を発つ夜、手織の紬に、木綿のさしこじみた粗い帯をしめて、もくせいの花束を抱えた満洲子の姿が、すらりと美しかった。ボストンでもニューヨークでもシカゴでも、和服しか見につけないで過ごした。

はじめ、四ヶ月の滞在予定が、半年から一年近くに延びてしまい、季節ごとに妹の秀子から送ってもらう着物を、そのたびに最初に抱えて見てもらいに行くのが、岡田夫人にきまってしまった……」

前衛書家の安西均が「掌説・篠田桃紅―女流書家売出すー」と題して、芸術新潮(昭和33年10月号)に篠田さんの半生を書いた文の一節である。篠田桃紅さん(本名・満洲子)がボストンのスエゾフ・ギャラリーでの個展のためにその地に立ったのは1956(昭和31)年9月25日のことだった。ボストンでの個展のあと、篠田さんは岡田謙三夫妻に会うべく国立近代美術館の今泉篤男による紹介状を携えてニューヨークに向かった。折りしも、ベティ・パーソンズ ギャラリーで第3回岡田謙三展が開催されている時だった。個展は10月15日から11月3日までを会期に、オープン前の下見会で俳優のフィリップ・ダンカンが岡田作品の理解者でもある鈴木大拙の勧めで「フット・ステップ」を購入したのをはじめ、期間中に展示25点がほぼ完売という状況だった。

ベティ・パーソンズ ギャラリーを訪れた篠田さんがそこで声をかけられたベティ・パーソンに岡田への紹介状を示すと、ベティは岡田に電話をして、翌日、訪問することとなる。

 その日のことを岡田は日記に記している。「朝から三時迄食事も忘れて今日左のほうのスミをすっかり片付けてペンキも塗る。見違へる程小ザッパリとなる。三時に篠田嬢来て五時半まで話しチャンとした人だと解って良かった……」(10月26日)

 この数日後に「ペンキを天井に一寸塗り」と書いているから、個展のために作品を出して傷みのめだつアトリエの補修をしている時だったのだろう。そして篠田さんは岡田との出会いの日をエッセイに書いている。

 

あなたの作るものはいいですか?

 のっけにこう言われた。一九五六年ニューヨーク・グリニッチビレジの岡田謙三氏のスタジオに初めてお訪ねした時である。

「はい」と私は答えていた。どういうわけでそう答えたのか。たぶん、その頃は行きたくてもなかなか行かれなかったアメリカというところへ、個展の招待で、来ることができたということで、それに私もまだそんなに老いてもいなかったから、少しはいい気になっていたのだと思うが、日本だったらやっぱり「いいえ、まだダメで……」というように答えたと思うが、第一、初対面の最初に、そういう質問をする人はあまりいないし、げんにアメリカでも岡田氏より前に会った人は皆たいてい「独りでよく来ましたね」「外国は初めてですか?」などというのがキマリ文句であったから、私は不意を衝かれてついうぬぼれのホンネのようなものが口に出て仕舞ったのかもしれない。岡田氏は、

「そう、それならいい。それなら話をしましょう。自分の作るものをダメだというようなひととは僕はつき合わない」

 と言われた。私は、これはコワイところへ来ちまったな、と思いながら、一方でスーッと気が楽になるのが自分でわかった。いきなりホンネのおつき合いができるということは何と幸福なことあろうと思ったのだ。今にして思えば、身の程知らずであったが。

 それから三十年、岡田氏夫妻と、ニューヨークで、東京で、レンセラビル村(岡田家の別荘)で、高山や京都やヴァージニア(旅行先)で、お会いする度に、私が感じたものは、芸術家臭の全くない、そして芸術家以外の何家にも当てられないお人、何が美しく何が美しくないかを見る無類な直観力の持ち主だった。

「われわれが作るものは、古くてはいけない。新しいというのもいけない。様式があるのもいけない。弱くてはいけない」

 岡田さんのこの言葉が忘れがたい。

(篠田桃紅随筆集 『おもいのほかの』 1985年 冬樹社)

 

 篠田さんは「東京煙草」に勤務する父親の賴治郎が満州(旧中国東北部)の大連支店長を務めるころ、1913(大正2)年に生まれた。岡田きみ夫人と同年の生まれである。祖父・篠田芥津(かいしん)は明治篆刻界で名実共に第一人者といわれた篆刻家であり、映画監督の篠田正浩は従弟にあたる。二歳の年に満州から東京に移り住み、謡や漢詩、書をたしなむ父親に五歳のころから書の手ほどきを受ける。現在の都立八潮高校の全身である「府立第八」で学ぶころ習字の教師・下野雲堂に私淑して書を学び、卒業後も2年ほど雲堂に師事したほかはほとんど独学で書風を築いた書家である。万葉集などをしるした文字による表現もするが、和紙に、墨、金銀箔、金銀泥、朱泥といった日本画の画材を用いて多様な抽象表現をする作家である。

 1940年、24歳のときに東京・鳩居堂で最初の個展を開き、戦後「書道藝術院」や「毎日書道展」の審査員を務めるが、数年を経ずしてそうした書道団体から離脱して孤高の道を歩む。47年ころから抽象的な作品の制作を始め、ボストンでの個展のために渡米したのが43歳の年だった。個展後にニューヨークに移ったとき二ヶ月のビザの四十日を過ぎていたが、岡田の尽力によってバーサ・シェファー画廊で個展を開催(1957年1月2日~19日)することとなって滞在延長が可能となった。岡田や画廊主を納得させる作品の力があってこそであろうが、岡田夫妻の知遇を得てニューヨークで過ごした2年間は篠田の後半生を決定づけるものとなる。

「……ここで、創造に賭ける人々の本体、率直さのうしろにある複雑さ、厚み、その余裕などを感じ始めた私は、少しでも長くこの街にいたかった。この街こそはつくる者の街だと思われた。…また、このエキサイティングな街で静かに内に籠り、培うものを抱いて暮らしたら最高にイキなことだろうと思うようにもなった。ロスコ氏や岡田謙三氏は、そういう境地に入っていられるのではないかと思った…。

二年はすぐに過ぎ、私は水墨という仕事にかかせない表具の技術と、風土の制約を知って、日本で作り、ニューヨークで発表したいという心になり、東京に帰った。このやりかたは今も続いている…」(随筆集 『桃紅 私というひとり』 世界文化社)

 それから30年、岡田氏夫妻と、ニューヨークで、東京で、レンセラビル村で、高山や京都やヴァージニアでお会いする度に、と記すように岡田夫妻と篠田はこれを機に親密な交友を重ねることとなった。

 

エッセイストとして日本エッセイスト・クラブ賞も受賞している篠田は、岡田夫妻との交友や岡田作品に触れた随筆を少なからず書いている。ちなみにそれが掲載されている随筆集は刊行順に『いろは四十八字』『墨いろ』『その日の墨』『おもいのほかの』『きのうのゆくへ』『墨を読む』『桃紅 私というひとり』などである。その随筆は岡田謙三という人物像を浮き彫りにし、作品理解の一助となるばかりでなく、篠田桃紅という作家像をも描き出している。

 たとえば「不安の鉢」(きのうのゆくへ)と題した随筆は、岡田夫妻が7年ぶり、篠田が2年ぶりに帰国した1958年の出来事を書いたものである。「この古伊万里は二十年ほども前、芝の美術倶楽部の古美術の売立で買ったものである」に始まるそれは、東京美術倶楽部で古美術品を購入する岡田夫妻に誘われて行ったそこで、古美術についての知識も購入する意志も全くないまま、思わず「私これ買います」と篠田さんが求めた鉢への強い愛着を主題にした随筆である。岡田さんのお伴で行ったのだから、岡田氏夫妻が所望ならば譲らなければならない、と思ったが、「これはあなたに似合う」と、岡田さんの一言はありがたかった、といった内容である。

 このとき岡田は美術倶楽部で16点もの古美術を購入している。「朝八時シノダ来てしばらくしてシャーマン、鎌倉美術館の若い衆連れて向ひに来、正兄さそって日本美クラブ(芝)行き、十六点の買物し、中食は銀座のカイセキ料理を食べ、次に本所のお茶のオバサン宅に行き、茶をのみ、次にアサガヤの刀屋で古代日本のセト数個と刀一フリ買ひ(刀は二萬、他四点は四千円)……」(7月8日)

岡田夫妻が帰国したこの年、日本橋・高島屋で岡田謙三展が開催された。それに合わせてベティ・パーソンが6月に来日、東京国立近代美術館で「アメリカの現代美術」をテーマに講演をしている。ベティはマスコミの取材や日本の現代美術を扱う画廊巡りなどする合間に岡田夫妻と篠田さん、ときに写真家の三木淳らを加えて伊勢や京都、飛騨高山、浅草、益子、鬼怒川などを旅行する。ベティの帰国後、八月には山形・熱海温泉、鶴岡、羽黒山や信州を巡っている。岡田は京都でも古美術品を購入し、きみ夫人によると1月に帰国して九月初旬に再渡米するまでの間に旅行や古美術品に費やした額は200万円をくだらないという。

岡田夫妻はこの前年にアメリカの市民権を得ているが、この7年ぶりの帰国を機にニューヨークと東京の二都が制作と生活の場となる。きみ夫人のパスポートによると、その往来は80回ほどを数える。篠田さんもひんぱんに往来するが、夫妻のアメリカでの生活ぶりをよく知る篠田さんは夫妻が帰国のたびに頼りにする人でもあった。

親密な交友の背後には作家として互いに切磋琢磨する厳しい眼がある。きみ夫人は「岡田は、齢は違っても篠田さんの仕事にずいぶん刺激をうけていたようです」というが、篠田さんはそれを何篇かの随筆に記しており、その一つに『夜更けに』がある。岡田の他界後に書かれたもので、鎮魂の譜のようにもみえる一篇である。

 

 居間にかけてある岡田謙三氏の絵が、此頃少し違って見える。

以前とはどこかが違うように思われるのである。

 藍の色が、このように深い色であったのかと、あらためて思い、また、このグレーの透明さからは、今まで気がつかなかった、光さえ発していると、眼を洗われるような思いにさせられる。

 眺めれば眺める程に、あらたな何かが見えてくる絵であるが、此頃は、それが著しく思われる。

 絵に籠められた作者の心が、作者が亡くなった後になって、また新しく生き始めるのかと思う。

 色の持つ豊穣や、空間の抱える深さが、以前にましてゆたかで、奥深いものを感じさせることがふしぎである。

 作者の話を、もう聴くことができなくなったから、その作られたものから、何かを聴きとりたいと、そう願って見ているからであろうか。

 それとも、私がのろまで、作者が亡くなる頃になって、ようやく少しものが見えだしたという、ただそれだけの単純なことなのか。

 あるいは、私の我が、他者に対して私をめしいさせていて見れども見えず、であったのが、作者が「死者の他者」になって、はじめて見えてくるものがある、ということなのか。このことはもう少し考えたい。

 

篠田は2010年に、画廊以外では7年ぶりとなる個展を鶴岡市の致道美術館で開いた。11点の新作を含む画や書、リトグラフなど近作を中心に33点の展示である。書の個展を初めて開いてから74年、抽象画に取り組んで63年、97歳での個展だった。篠田の個展には欠かさず足を運ぶ岡田きみ夫人は体調がすぐれず、それがかなわなかった。その後、互いに近況を気遣う電話のやりとりが続いていたが、お二人の顔合わせは2008年 月、丸の内のウィルデンシュタイン画廊での岡田謙三展オープニングの日が最後となった。

 このページの上へ
 
TOP  PROFILE   GALLERY   Photo・GALLERY   ARCHIVES   MAIL   LINKS 
 岡田謙三と良き仲間たち 海老原喜之助